ハロウィンイラスト2020

【ハロウィンの夜に行きたい】
2020.10.20

星が落ちる、影が伸びる。
掴んで、形を得て、あの夜へ。

影のままなら、子供たちに形をもらおう。名前をもらおう。
灯火になれたなら、手持ちのランタンに入れてもらおう。

そうしてはじめてぼくらは悪魔になれるんだ。

本年のハロウィン絵、テーマのひとつはテーマパーク性。
超有名どころだと千葉にある東京だとして、それでなくとも実際に行ったことがなくともちょっと探検して楽しかった遊園地のような記憶ってあると思う。目が覚めれば忘れてゆく夢のようなものとして、おぼろげであっても。

そういう場所には多くの願いと楽しかった気持ちと、ほんの少しの怖さと羨望が入り混じりながら光と影が蓄積していく。
光は星となり、影は城となる。
本当なら影は光から逃げていくように伸びるものだけど、ここには光を遮る「対象物」がない。だから摂理から狂いながら欲するままに星降る天へと影の指先が伸びてゆくばかりだ。あの夜が来るまで、ずっと。

この頃はまだ明確な「誰か」という形は得られない。ヒトと対話できる姿にはなれない。
光と影は二元論的になにかとセットにされがちで、確かに切り離せないものではあるのだが、その間には対象物が必要だ。影が形になるために必要なオブジェクト。想像。
でなければ、ただ暗いだけの夜に聞こえた風音から魔物なんて生まれなかった。

ハロウィンは万聖節前夜。最も明るくなる前の、暗い夜。
ヒトは多くの事柄を未知のまま怖くならないように定義づけたけど、そのおかげで形のなき光と影たちの行き場がある。
この夜なら明確な形を得られる。幽霊、魔女、吸血鬼、狼男、黒猫……多種多様に、それでも一定の型をもって。
ヒトと同等の大きさの魔物に扮するのは元々ヒト由来の光と影だったからであって、菓子でも悪戯でもどんな形であれもう一度接してみたかったからかもしれないね。

ともあれ、祭というもの自体が収穫、ひいては生命を祝福して盛り上げるものでもあることなのだ。
生きたヒトビトの願いや恐れを飲み込んだ地よ、この一夜を楽しもう。
1年通して溜め込んだ光と影が解き放たれるには、この日こそが何より相応しい。

去年のハロウィン絵はこちら。自然崇拝の祝祭がテーマでした。

ハロウィンイラスト2019

紫陽花のはなし

posted in: イラスト | 0

「毎年できれば紫陽花の絵を描きたい」というのがこの時期の願望でして、
これは絵を描いているから味わえる楽しみのひとつかなぁと思っています。
テーマを変えていろいろ描けるのが本当楽しいです。

どの品種も好ましいですが、白や青で星型(スターダンス)のものが特に好きでしょうか。
今年のこの絵は星テーマでありつつもヤマアジサイを想定しておりますが!


【紫陽花の好きなところ】

数ある花の中で紫陽花が特に好きです。
どういうところが好きなのかと考えれば、「ある程度の枠がありつつ、多様性があるところ」かもしれません。
あと色が赤みがかるか青になるかは土の成分に拠るのは有名な話ですが、このあたりちょっと科学的で楽しいとも感じてます。


【いままでの紫陽花絵ピックアップ】
【雨の彩花】2020.06.14

油絵テイスト。雨で色まで溶けていくような。
いい感じの雰囲気は出せたので気に入ってます。

【雨花が飽和するまで】2017.06.29

現実寄り、でも彼岸のイメージ。
すぐに三途の川の匂いを漂わせてしまいたくなる性癖があります。

【hydrangea bridal】2018.06.26

ジューンブライド紫陽花。
さりげなく竜族相手との異種婚ネタでした。

【related blue】2019.08.06

七夕と梅雨の時期に。
青と紫、現と幻。交差するようで、交わらない2つ。

春と今年のイベント予定について

posted in: お知らせ | 0


桜が咲く時期、そして咲いてから雪も降るというおもしろい気候になりまして、
この時期外に出るなよ~という自然の予定調和を感じなくもないですね。
身近な人も、そうでない人も、ご自愛して暮らしていてくれたらいいな~と思う日々であります。


【今年のイベント予定について】

当サークルは大体年2回のペースで創作ジャンル「コミティア」にサークル参加しています。
どの季節に、と定めてはいませんが大体今のところ春秋ごろが多いです。
元々春はオフラインイベントで同人誌を作るより、オンラインでの制作に時間を割きたかったところもあって参加はしない予定でしたが、状況が重なってしまった形になりますね。
それもあって、2020年下半期に関してもイベントへのサークル参加は状況次第なところはあります。
なので現時点では参加予定は未定。オンライン、twitterやPixivなどから絵を楽しんでいただけたりするといいなと思ってます。
直接出す場が具体的でないだけで作りたいものは色々とあるからコツコツ制作することに変わりはないので、家にいる時にできることをいっぱい充実させたい時期ですね。