MVイラスト『忘れられた女神のうた~ia alter~』

posted in: お仕事 | 0

el ma Riu様からのご依頼で、MV用イラストを描かせていただきました。
澄んだ音色と歌声、広がる物語が耳にとても心地よいです。下記動画URLより聴いてみていただけたらうれしく思います!

 

 

【el ma Riu様リンク】

空と箱庭に贈る天蓋のアートの話

posted in: イラスト | 0

今回は夏空の絵を持ってきたついでに、ちょっと空の絵と話をします。
ブログらしいブログ記事みたいなものも、たまには書いちゃいます。

【夏の幻域】
2021.08.15


【空が気になる・好きになる理由】

自分の住処からはそこそこ広めに空が見える方です。
ズームなしのカメラでもちゃんと空だけが収まるぐらい。
何もない田畑の田舎ほどではないけれど、都会ビルディングの中でせまーいということはない。

空だけの絵が時々描きたくなるように、空単独だけでもう面白いモチーフですよね。
見上げればいつもそこにあるけれど、時間によって刻々と変化する。
大画面の中で、色が変化する。しかも一時とも同じことがない。非常に面白い存在です。

現実から遠くを見ている気分の時や、気持ちがちょっと下向きな人が空を好きになる時って、こういった変化する部分と変わらない部分に惹かれるんじゃないかなと考えたりします。
あと純粋に爽快感もあるな!
今がどうあれ、これほどのものを見せてくれるという事実に自然への畏敬みたいなものがあります。


【箱庭にキャラを住まわせる】

ちょっと角度が変わる話になりますが、自分のカスタムしたグラフィックやキャラを入れられるタイプのゲームにて。
創作キャラとか、好きなキャラとか、自分の推しとかを入れたりして遊ぶことってあると思います。
私はあまりそういうことをするタイプではなかったので、最近はじめてそういうことやってみたんですね。

キャラを入れて、なおかつMAPのレイアウトや内装も色々整えたり作ったりする。
自然の中の小さな家で、小川の近く洗濯物があって、手狭なベッドルームにぬいぐるみを置いてあって……と、イメージに沿ってあれこれとするわけですね。
自分なりに、そのキャラが住んでそうなイメージであったり、あるいはそのキャラにとって快適な所を作ってあげるような感覚を持ったりもしたのです。

そしてそう思った時、空の話に戻るのですが。
自分で作った箱庭の中に、あれほどすごいスクリーンを用意してくれるって、すごいことだなと思ったのです。
あの刻々と変化のある美しいスクリーンを用意してくれるっていうのはすごい。
箱庭に住まう者に対して用意するものとしては、かなり愛情のあることなんじゃないかと思ったんですよね。


【天井のアート】

自然現象という観点で見れば、誰か上位の存在的なものとは関係なく、ただ仕組みとしてそういうものが存在するという事実がある。

ただ、やはり自然の凄さっていうものはちょくちょく感じるわけで。
蝶々の模様に全てのアルファベットが存在するであるとか、
植物の枝分かれのフラクタル、不規則だけど規則のある感じであるとかとか……。

なんかすごい緻密なシステムみたいなものが、当たり前に根差している。
そういうところに、おぉすごい……と震えるような感覚を覚えたりするんですね。
散歩して自然物に目を向けているとそういうことばかり感じている。
空もまたそういった一旦を感じるものであります。

曇りの日でも雨降っていようと、天蓋にはそこにある。
時に眺めて、時に気に入った色合いや雲の具合があったりする。

――ただ空だけを描きたくなる。
その遠因には、こういう感覚があるかもしれない。


【涼風待ち望んで】
2020.07.27

6,7月の絵とUMA CREW様アプリリリース

posted in: イラスト, お仕事 | 0

だんだん暑くなる時期になってまいりました。
ここを目にする方がお元気で過ごされていればと思います。

最近は、さまざまご依頼いただけた絵を描いたり(ありがとうございます!)
また文庫本を作って遊んだり(大変楽しかったです)
ArtStreetさんの3月のコンテストで賞をいただけていたりとしました(ありがとうございます!!)

得られたものは更に制作方面に活用していきたいですね。


【6月・紫陽花絵】
【沈まぬ紫陽花の夢】
2021.06.26

6月に紫陽花の絵を毎年描きたいということで今年も。
2021年は水神の蛇と夢のはなし。個別ページやpixivにて小話つきです。

冷たいような朝の澄んだ空気ような、あの湿度の高い季節の曖昧さが出せた感じがしてお気に入りです。


【最近の絵】

涼し気な青い絵だったり、夕暮れの瓶づめワンドロだったり。

【星空の河で絵筆を洗う】
2021.07.07

 

【七夕】
2021.07.07

 

2021.07.17

【UMA CREW様アプリリリースのお知らせ】

UMA100体企画「アトリエUMA」プロジェクト

以前、こちらの記事で紹介しました
UMA CREW様のアプリが7/7七夕の日にリリースされました。
「UMAを楽しもう」をコンセプトに、幅広い世代の方に楽しんで頂けるコンテンツ、企画を提供していらっしゃります。

こちらは複数のコンテンツを含むアプリとなっています。
人外・未確認生物、面白い造形や生態のものが好きな方は楽しめると思いますので、是非DLしてみてくださいませ!


【UMA CREW Project様リンク】
UMA CREW
UMA CREW

開発元:SMART COM. Laboratories Co., Ltd.
posted withアプリーチ

【エアコミティア136】新刊『Archetype』『Seasonarc』

posted in: 創作同人誌, 同人活動 | 0

2021.06.06(日)エアコミティア136に合わせまして、創作本を2冊頒布いたします。
1年ぶりの創作本作成、やはり楽しいですね……!

オンラインエアイベントの時期に、1冊でも本があった方が盛り上がるかな~という気持ちで合わせています。
運営さんをはじめ、多くの方が創作のよき場を維持しようとがんばっていると思いますので!
イベント直参ではないので、通販のみの対応になります。

【通販】 pixiv Booth

【Archetype】

連作3種と小説フレーバーテキストを含む、創作キャラクターイラスト本です。

仕様:A5/p26/850円
発行日:2021.06.06

【収録イラスト】
【通販 / Booth】


【Seasonarc】

”四季のイメージ・原風景。また次の年に出会いたいと願えること。”

創作四季風景イラスト本
仕様:B5/p24/800円
発行日:2021.06.06

【収録イラスト】
【通販 / Booth】

   ◆

今回の本『Seasonarc』、絵の内容自体はとてもストレートなものなので、先にコンセプトの話をします。
タイトルはSeasonとarc.
風景としてはファンタジー成分控えめ現実寄りで、去年描いた絵が多めです。

【Season】は四季として思い浮かぶ、らしさ。原風景として想起させるもの。

状況的になかなか外に出られない日々が続きまして。サブカル趣味や創作好きな人にとっては、おうちでいくらでも過ごせるぞ!……という感じではあるのですが。
せめて家の中でも電子海の窓より、色鮮やかな季節を感じさせるものを目にできたらいい。
イメージや絵にはささやかながら、目にする一瞬だけでも違う時間と場所に飛ばしてくれる力があるので。

【arc】の方はアーチ、半円、ゆるやかなステップ。

1回でその四季のすべてを満喫することってなかなかない。
ゲーム内イベントや1ヵ月間夏休み超アクティブならあるかもだけど、物理的に1回で網羅できるものでもなかなかない。
眩しい海に行ったなら、次は夜の花火が見たいと思う。あるいはまた来年も行きたいって思うかもしれないし、風景それ自体よりも一緒にいたい誰かの方が大事かもしれない。

それらは見たり経験したから、次の願いが浮かんでくるステップ。
今を楽しむのと、次を待ち望めるのと、その両方を。

巡る四季の中で、ひとつひとつを楽しみながら積み重ねて味わえたらいいね。
そして、それぞれにとっての、次に行きたい情景が見つかりますように。