2月時事イラスト

posted in: イラスト, お仕事 | 0

今回は1-2月に描いたイラストを載せます。クリックで拡大版が見れる形式です。
買い物ついでの範囲や解放感ある広場で梅が見られる時期になったので、
梅ちゃんも描きたいな~という気持ちになりますね。

【立春】
冬と春の狭間を描こうとしたもの。
2021年は節分が1日早いとても珍しい年でした。
このところ16:9比率で描いていることがあり、この絵もそうですね。

【バレンタイン】
制作期間短めのらくがきでした。ワンドロベースからの加筆仕上げ。
葉っぱの色を折って食べたらおいしそうにしたかった。チョコレートは好きです。
しかしバレンタインではなくとも、よくよくお菓子売り場を見ると甘い系お菓子=チョコの比率はとても多いことに気づきますね。

————–

『ショコラチェリーまじないの樹』

祖母よりもっと前の頃、魔女のかまどがあった場所に生えた、濃いチェリーの花を咲かせた樹には特別な意味がある。
冬が終わりはじめる時期になると、とろりと溶けた樹液が湧きあがる。それは薬のような苦さだ。

たくさんの人を手助けしてきた魔女だったから、きっと道具の残された痕跡でさえ今も変わらないのだろう。
訪れる者にしてもそうだ。あの人の心が欲しいという願いもまた今の時代も尽きないものだった。

ひと掬い、そしてまじないをこめて。
あとは麓の町にたくさんある砂糖を、びっくりするほどたくさん入れて苦みを隠せばいい。
一連の願いはある種呪い染みているのかもしれないけれど、樹木のかたちになって自然の一部として、人々と街の祭りごととして、もう風習として溶け込んでいる。

————–

この絵の物語は人為的呪い(願い)も風習として馴染んだという話。


こちらの絵の少女と同じだったりします。
固有名詞があるような物語ではないけれど、ふんわりとしたつながりのある絵もあります。


【黒い沼】
こちらはご依頼での制作イラストになります。
設定をお聞きして、思った以上に生命の宿る場所なのだなと感じたので、
おどろおどろしいだけではない、このような形になりました。

小説イメージイラスト『OVER THE CONTRAIL』

posted in: お仕事 | 0

三毛様による戦闘機もの小説『OVER THE CONTRAIL』
イメージイラストを制作いたしました。

空を飛ぶことが何よりも好きなパイロットの作品で、その日その時によって変化する空の中でもとびきり気持ちのいい一瞬を、とイメージしたものです。
私自身も描いていてとても楽しかった一枚です。

【あらすじ】

”空飛ぶ答えは、青空だけが知っている“

ステルスの時代が終わった空に、バンディッツと呼ばれる集団が空を飛び始めた。
国連軍パイロットのレイは、かつてイーグルと呼ばれた戦闘機を駆り、空を飛ぶ。
バンディッツとの戦い、何故空を飛ぶのか、追い求める空は何色か。誰一人として同じ空を持たない中で、レイが飛べる空は。

その答えの先に、一本の飛行機雲がある。

【リンク】

ゲーム『ガリア戦記 雄篇アンナーレス』

posted in: お仕事 | 0

アプリゲーム『ガリア戦記 雄篇アンナーレス』
アイコン、タイトル画面イラスト、他ゲーム内素材など、一部グラフィックを担当しました。
史実のガリア戦争を題材としたストラテジーゲーム。AppStore, Steamで配信中です。

ダウンロード

ゲーム画面

CDジャケットイラスト『あなたと描く物語Ⅲ-彩り-』

posted in: お仕事 | 0

サークル『Flowlight Music』
架空ファンタジーRPGサントラ Disc3『あなたと描く物語Ⅲ-彩り-』
ジャケットイラストを担当しました。
配布イベントのM3はその日その場の出会いを求めるのも楽しい音楽祭ですよ……!

【頒布イベント】

『M3』
2019.10.27(日)  東京流通センター
第二展示場 2F ケ-41a

◆リンク

特設サイト

◆イラスト設定の話

Flowlight様にお伝えした内容の一部より。
「思い出に色づく蝶」「旅の途中で通り抜ける森」が主なキーワードでした。
_

【透明な蝶とゲームの思い出】

個人的なゲームの経験になりますが、私がよくプレイしてきたゲームは一人用RPGが多かったです。
プレイしている時は一人旅。存分に物語を楽しんでいるのですが、今の時勢では望めばプレイ動画や感想など、自分以外の他者の経験を目にすることもできる。
そこに、一人でRPGをプレイしていてもどことなく他者の足跡の残像や繋がりのようなものも感じるようになってきているのですね。

透明な蝶のように、見えないけれど誰かの思い出が多く散りばめられているようにも感じている。
透明だった蝶は左側の楽器に近づくにつれて色彩を得る。

まして楽曲がゲーム用の音楽として作られるならば、楽曲はこれからどこかの物語の、誰かの思い出に数々の色を与えられることになることでしょう。
同じ曲を聞いても別の思い出が想起されるのって、とても面白くてすごいことだと思ってます。
_

【通り道の森と続く旅を祈って】

世界観にもよりますが、RPGゲーム内でほぼほぼ森を通るシチュエーションが起こる印象があります。
進み具合によって冒険のはじまりに近い場所の新緑の森だったり、深い霧の迷いの森だったり、光を通さない暗黒の森だったり、最奥の精霊に会いに行ったりなどなど……。
必ずしもではないですが、総じて「森は目的地ではない場所」という位置づけで想定しています。

通り道としては見通しよく、ジャケットの左から右へ。
でも足をとめて頭上を見渡すような色彩があると旅は楽しい。
景色は移ろい、旅は続く。
そんな旅路の一幕となれば幸いですね。