6,7月の絵とUMA CREW様アプリリリース

posted in: イラスト, お仕事 | 0

だんだん暑くなる時期になってまいりました。
ここを目にする方がお元気で過ごされていればと思います。

最近は、さまざまご依頼いただけた絵を描いたり(ありがとうございます!)
また文庫本を作って遊んだり(大変楽しかったです)
ArtStreetさんの3月のコンテストで賞をいただけていたりとしました(ありがとうございます!!)

得られたものは更に制作方面に活用していきたいですね。


【6月・紫陽花絵】
【沈まぬ紫陽花の夢】
2021.06.26

6月に紫陽花の絵を毎年描きたいということで今年も。
2021年は水神の蛇と夢のはなし。個別ページやpixivにて小話つきです。

冷たいような朝の澄んだ空気ような、あの湿度の高い季節の曖昧さが出せた感じがしてお気に入りです。


【最近の絵】

涼し気な青い絵だったり、夕暮れの瓶づめワンドロだったり。

【星空の河で絵筆を洗う】
2021.07.07

 

【七夕】
2021.07.07

 

2021.07.17

【UMA CREW様アプリリリースのお知らせ】

UMA100体企画「アトリエUMA」プロジェクト

以前、こちらの記事で紹介しました
UMA CREW様のアプリが7/7七夕の日にリリースされました。
「UMAを楽しもう」をコンセプトに、幅広い世代の方に楽しんで頂けるコンテンツ、企画を提供していらっしゃります。

こちらは複数のコンテンツを含むアプリとなっています。
人外・未確認生物、面白い造形や生態のものが好きな方は楽しめると思いますので、是非DLしてみてくださいませ!


【UMA CREW Project様リンク】
UMA CREW
UMA CREW

開発元:SMART COM. Laboratories Co., Ltd.
posted withアプリーチ

UMA100体企画「アトリエUMA」プロジェクト

posted in: お仕事 | 0

UMA CREW Project様からのご依頼で、
UMA100体企画「アトリエUMA」プロジェクトにて半魚人を描かせていただきました。

【UMA CREW Project様リンク】

UMA CREW
UMA CREW

開発元:SMART COM. Laboratories Co., Ltd.
posted withアプリーチ

2月時事イラスト

posted in: イラスト, お仕事 | 0

今回は1-2月に描いたイラストを載せます。クリックで拡大版が見れる形式です。
買い物ついでの範囲や解放感ある広場で梅が見られる時期になったので、
梅ちゃんも描きたいな~という気持ちになりますね。

【立春】
冬と春の狭間を描こうとしたもの。
2021年は節分が1日早いとても珍しい年でした。
このところ16:9比率で描いていることがあり、この絵もそうですね。

【バレンタイン】
制作期間短めのらくがきでした。ワンドロベースからの加筆仕上げ。
葉っぱの色を折って食べたらおいしそうにしたかった。チョコレートは好きです。
しかしバレンタインではなくとも、よくよくお菓子売り場を見ると甘い系お菓子=チョコの比率はとても多いことに気づきますね。

————–

『ショコラチェリーまじないの樹』

祖母よりもっと前の頃、魔女のかまどがあった場所に生えた、濃いチェリーの花を咲かせた樹には特別な意味がある。
冬が終わりはじめる時期になると、とろりと溶けた樹液が湧きあがる。それは薬のような苦さだ。

たくさんの人を手助けしてきた魔女だったから、きっと道具の残された痕跡でさえ今も変わらないのだろう。
訪れる者にしてもそうだ。あの人の心が欲しいという願いもまた今の時代も尽きないものだった。

ひと掬い、そしてまじないをこめて。
あとは麓の町にたくさんある砂糖を、びっくりするほどたくさん入れて苦みを隠せばいい。
一連の願いはある種呪い染みているのかもしれないけれど、樹木のかたちになって自然の一部として、人々と街の祭りごととして、もう風習として溶け込んでいる。

————–

この絵の物語は人為的呪い(願い)も風習として馴染んだという話。


こちらの絵の少女と同じだったりします。
固有名詞があるような物語ではないけれど、ふんわりとしたつながりのある絵もあります。


【黒い沼】
こちらはご依頼での制作イラストになります。
設定をお聞きして、思った以上に生命の宿る場所なのだなと感じたので、
おどろおどろしいだけではない、このような形になりました。

小説イメージイラスト『OVER THE CONTRAIL』

posted in: お仕事 | 0

三毛様による戦闘機もの小説『OVER THE CONTRAIL』
イメージイラストを制作いたしました。

空を飛ぶことが何よりも好きなパイロットの作品で、その日その時によって変化する空の中でもとびきり気持ちのいい一瞬を、とイメージしたものです。
私自身も描いていてとても楽しかった一枚です。

【あらすじ】

”空飛ぶ答えは、青空だけが知っている“

ステルスの時代が終わった空に、バンディッツと呼ばれる集団が空を飛び始めた。
国連軍パイロットのレイは、かつてイーグルと呼ばれた戦闘機を駆り、空を飛ぶ。
バンディッツとの戦い、何故空を飛ぶのか、追い求める空は何色か。誰一人として同じ空を持たない中で、レイが飛べる空は。

その答えの先に、一本の飛行機雲がある。

【リンク】