たったひとつの星を掴みたくて背を伸ばしても。
幾筋の輝きが、散りばめられた星屑たちが、いつだって魅力的な数多の道となってこの目を惑わせるんだ。

2019.05.14